ブランクがある潜在看護師の復職活動のポイント

看護師は女性が多く活躍している職業なので、結婚・出産を理由に仕事を退職される方がいます。家庭のことが落ち着いたらまた働きだそうと考えて退職される方が多いようですが、そのまま看護師の仕事に就かないままの方もたくさんいます。その方たちを潜在看護師と呼び、復職できずにいる理由はブランクが気になるからというのが多いそうです。

 

1〜2年のブランクであればあまり考えすぎなくてもよさそうですが、5年以上の長いブランクがあるとなかなか復職しずらいですよね。以前のように働くことが出来るのか・家庭と仕事を両立できるのかなど、復職にはいろいろな悩みや心配がつきものでしょう。

 

もしこういったことを心配して復職できずにいるのであれば、転職支援サイトを利用して求人を探すと悩みが解決され、自分に合った求人を見つけることが出来るかもしれません。復職支援サイトには専任のコンサルタントがいて、希望に合った求人を紹介してくれたり、復職のサポートをしっかり行ってくれます。自分に合った職場を自分で見つけることは難しいことなので、こういった便利なサービスを利用することも復職を成功させる近道なのではないでしょうか。

 

潜在看護師向けの求人の選び方

潜在看護師が復職する場合、自分の希望に合った求人をしっかり探す必要があります。求人探しをしっかり行わなければ、働き始めてから自分が大変な思いをしてしまいますので、そのようなことがないように復職先を探したいですね。
どのようなポイントをチェックすればいいのかというと、

 

・労働条件
・職場の雰囲気
・産休、育休、子育て支援のための制度があるかどうか

 

潜在看護師が復職する場合、子育てが落ち着いたのでという方が多いと思います。そのため、このような点をチェックして求人を探すと良いでしょう。

 

労働条件は、給与や休日に関することなので必ず確認しておかなければいけない点です。職場の雰囲気は、復職後人間関係に悩まず働くためにチェックしておきたい点です。見学などを行っている職場もありますので、一度確認してみるといいのではないでしょうか。子育てのための支援があるかどうかというのは、ママさん看護師にとってとても重要なポイントです。子どもが病気になったとき休みを取らなければいけなかったり、夜勤・残業が難しい場合がありますので、その職場がどういった制度をとっているのかをよく確認しておきましょう。